('97上演、'98再演「オムニバス学校U」より)

芝居『初恋』エピソードシリーズ2

2003.4.30●山北エリカ


(左'97・右'98の公演写真。「みよちゃん」役)

『舞台上で女優として踊ること』

中学、高校時代に部活動でずっと芝居をやっていた私は、
短大でなぜか僻地に引っ越しし、
約半年間、学校と寮の往復をしていた。

とてもつまらなかった。

夏休みで札幌に帰ってきた時に、しのぶさんと連絡を取ってみたら、
なんと一揆で芝居をやるというではないか。

「なんか、やってみよう。」
そう思って、「受付とか、手伝いますよ。」と言ってみたら、
次の稽古日を教えてくれた。

久しぶりに芝居に関われる。
たとえ、雑務でも嬉しかった。

わくわくして行ってみると、その日はオーディションの日だった。

「私は何をすればいいんだろう?」と思って、
ドキドキしていると、
名前を呼ばれた。
声のする方へ行ってみると……。

そこはオーディション真っ只中!

「え、私もオーディション受けるんですか?」
戸惑う私にしのぶさんは、

「うちの劇団で手伝うということは、
そういうことなんだよ。」

(あとで気付いたことだけど、一揆では、お手伝いでさえも、
持ってる能力を最大限に生かすということが、大事らしい。)

そんなこんなで、私は、
「みよちゃん」という大役を仰せつかった。

自分の感情がうまく振りにのせられず悩んだ。

自分の演じている
「みよちゃん」の気持ちさえ分からなかった。

本番はがたがただった。

あのときから、
「舞台上で女優として踊る」ということについて、考えることになった。

ちょっぴりわかりかけてきた今。
是非、もう一度あの時と同じ役でどこまでできるか。
自分に挑戦してみたい。