一揆生芝居 (いっきライブ) vol.18 写真館

写真をクリックすると拡大します。

シアターゲーム(9月公演より)


即興で演じる演劇訓練の基礎を、ゲーム感覚で楽しむコーナー。
「これはいったい、なにをしているところ?」「どんな風景?」
会場のみなさまにあてていただきました♪

寸劇『選挙権って?』(7月公演より)


選挙権年齢が18歳以上になって初めての選挙の時期だったので、
選挙にまつわる何かをしよう! と、寸劇をやることに。

太鼓演奏(9月公演より)


新芸能集団「乱拍子」の村場踊(むらばおどり)さんが、
平和を願って、太鼓を演奏してくださいました。

『雨の音楽』(9月公演より)


会場のみなさまと一緒に創る、歌と楽しいリズムの時間♪
ゲスト・村場踊さんとのコラボレーション。

『雨ニモ負ケズ』(9月公演より)


朗読とパフォーマンスでおくる、宮沢賢治の世界。

朗読劇『紙ひこうき』(9月公演より)


第二次世界大戦末期。
疎開してきた一人の少年と若い兵隊さんとの、たった一日の思い出。

おまけ


8月公演開演前・終演後の、キャスト・スタッフの姿をお届け。



『雨ニモ負ケズ』の稽古風景。



8月公演では、ゲストダンサー「漂流者」のみなさまが
イスを使った寸劇的なパフォーマンス『夏の幻』『夏の雪』を披露してくださいました♪
撮影人員がいなかったため、写真でご紹介できずごめんなさいm(__)m



この稽古場での最後の千秋楽、終演。


9月の千秋楽には超満員のお客さまにお越しいただき、
毎回たくさんのアンケートとおひねりをいただきました。
本当に、ありがとうございました!!




最後はみんなでお片づけ♪
↑ページトップへ