慟哭は時を越えて

第23作 作・演出/橋田志乃舞

『慟哭は時を越えて』ビラ ふとしたことから知り合った少女と警官。世の中に何の期待もしない少女に警官は、ある男の話を語る。それは札幌に初めてのビール工場を造った人物・村橋久成の物語。村橋の生き方は時を越えて現代に何を伝えるのか。

劇団一揆が初めて取り組む札幌の歴史物語。どうぞお楽しみに!

上演:2006年9月22日(金)〜24日(日)
会場:劇団一揆稽古場